アスレチッククラブ

アスレチッククラブ

アスレチッククラブ レポート

  • 2012.05.19
  • 第2回アスレチッククラブ
日時2012年05月19日(土)
場所甲南大学六甲アイランド体育施設陸上競技場
  • 2_R
  • 3_R
  • 4_R
  • 5_R
2012.05.19第2回アスレチッククラブ活動報告

○ベーシッククラス

少し高めの気温の中、アスレチッククラブがスタートしました。今回の参加者は86名。

たくさんのご参加ありがとうございました。

まずは全員でのウォーミングアップでグラウンドを2周し、各グループに分かれて入念なストレッチからスタートです。慣れてきたのか息切れしている子が少なくなりました。

休憩後、高学年はラダートレーニングを行いました。

①    細かいステップワークをテンポ良く。 ②ステップ中も目線を前に。

の2点を中心に進行していきます。前向き・横向き・クロスステップ・開く閉じるなど、徐々に難しくなる種目に最初は戸惑っていましたが、最後にはコーチの声が聞こえないほど元気にできていました。伊東コーチが持つ黄色い棒を見ながらステップすることで自然と目線が前に行き、フォームも整っていました。

低学年はジャンケンリレー。30mのライン上を2つに分かれたチームで対戦。ライン上でぶつかればジャンケンし、負ければスタート地点へ戻り次の人がスタート。勝てばそのまま進み、相手のゴールを目指すゲーム。とても白熱しました。チームメイトを応援し、勝てば喜び、負ければ励ます光景が良かったです。

その後高学年はミニハードルから全力疾走のトレーニングへ。

①    テンポの良いハードリング ②腕振りをしっかり

の2点をテーマに行われました。高さが2種類で、自分の歩幅、スピードに合わせて選んで行いました。コーチから腕の振りを忘れないように言われ、肘を後ろへ引くイメージを持てましたか?ハードリングは恐怖感もなくきれいなフォームで跳べる子がたくさんいました。

白熱のジャンケンリレーの後、低学年はコースに並べられたバーを越えて走るアジリティトレーニングへ。ハードルのように高さがないので、恐怖感もなく安心して取り組めます。バーの間をステップで越えて最後は補助コーチのところまでダッシュ。競争意識が出て、このメニューも大盛り上がりのなか終了。さすがに「疲れた~」という声が聞こえてきましたが、充実した目をしてましたね。

最後は各グループでのクーリングダウン。これから暑くなり、体調管理が難しくなりますが、水分補給・クーリングダウン・適度な休憩はとても重要です。

午後からも体感気温が高いなか、アスレチッククラブアスリートコースがスタートしました。今回の参加者は12名。ありがとうございます。

肩甲骨と股関節の可動域を大きくするための柔軟体操から。この可動域を広げることでより早く、より強く、そしてより安全にトレーニングすることが目的です。

休憩後、メディシンボールを後ろ向きに投げる、ひねりながら投げる、足に挟んで上にあげるトレーニングへ。筋力により負荷をかけることで体の中心から鍛えます。

気温が高かったため、こまめに水分補給の休憩をはさんだ後、30m走を5本実施しました。ここでは伊東コーチから、腕の振りを大きくしっかりやろうと指示がありました。30m走の最中だけでなく、歩いてスタート地点に戻る時も腕振りを意識して行いました。

続いてラダートレーニングと30m走を組み合わせて走りました。細かいステップワークからいかにスピードに乗って30m走につなげられるかがポイントでしたね。参加者の皆さんはうまくできていたと思います。

次はスタート練習。2人組をつくり、補助の人が両手を前に出し、もう1人が膝を補助者の手に当てていくトレーニングから。補助の人の手の位置が膝の位置、へその位置、肩の位置と

変わっていくたびに、もう1人のほうは上体を逸らしながら頑張ってました。しかし、肩の位置、へその位置、膝の位置と低くなっていくにつれてフォームが最初よりも良くなりました。

そこから本番のスタート練習へ。「用意」の時は体を開かず、重心を前にとポイントを整理したら、スタートから10m走へ。最後は1人1本100mをダッシュして終了しました。

最後のクーリングダウンとして柔軟体操を行い、本日の練習は終了。暑いなかでも皆さん一生懸命楽しめた様子でした。

次の練習会は6月2日(土)午前10:00~です。

これからどんどん気温が上がって暑くなります。

水分補給・着替え・帽子の着用などの準備を子供たちだけでなく、保護者の皆様も行ってきてください。