アスレチッククラブ

アスレチッククラブ

アスレチッククラブ レポート

  • 2018.09.23
  • 第12回活動報告
日時2018年9月22日(土) 10:00〜11:45
場所スタジアム東側園地
  • s-RFKCE7130
  • s-MAJPE3027
  • s-LAIPE5714
  • s-WYAHE4542
  • s-UITGE9538
アスレチッククラブコーチの日高です。
本日も園地内芝生広場にてアスレチッククラブを開催しました。

朝、起きた時点では結構な雨が降っていましたが、開始時刻には晴れ間が出るくらいに回復し、外の綺麗な芝生で行うことが出来ました。

本日は小1〜小6まで22名、指導陣はお馴染みの日高と河田コーチの2名です。
この数ヶ月、参加者が毎回20名以上で安定してきました。
数年前は5名以下で開催した時もありました。その時はその時で1人ずつ細かな指導が出来る利点もありましたが、大人数の活気には敵いません。
本日も3連休の初日にも関わらず、沢山来ていただきありがとうございます!

今回のウォーミングアップは芝生広場を大きく周回するランニングからスタートです。
芝生広場は1周400mぐらいある非常に大きな広場です。
低学年の子たちもいるので最初は歩くぐらいのスピードでゆっくり走り始め、徐々にスピードを上げていきましたが、殆どの子たちがついてこれました。むしろ先導の日高コーチを抜こうとするぐらいの勢いです。
次にストレッチと股関節の動き作りをしました。ストレッチもいつもと内容を変え、股関節をしっかり使い、なおかつバランスも必要なメニューをしました。

次はランメニューです。
8月までは方向転換を多く含むメニューを行い、それによりアジリティ能力もかなり上がりました。
9月からは走行スピードの向上や加速力向上をテーマに内容を考えており、今回もその内容です。
まずは、走る途中の一定区間だけ動き方が変わるランニングドリルをしました。
普通に走っている状態からケンケンや両足ジャンプ、1周回転など様々な動きの変化を経てまた普通の走る状態に戻ります。
移動スピードが変わらない様にするには、極力ブレーキをかけない事が必要ですが、動き方が変わった時にそれが出来るかがポイントになります。
最初は距離は短く、ゆっくりのスピードで、本数を重ね慣れきたらマーカーの位置を変え距離が長くしていきます。
最後は競争で走行スピードも上げました。ただ、速いだけでなく動きの正確さも重要です。
コーチ陣がその都度ジャッジし、スピードが速くなっても動きが適当にならない様に意識しました。
みんなかなり集中していて、楽しく真剣に取り組めていた様に思います。

最後はお馴染みのトレジャーハントですが、今回は範囲が芝生広場一杯の長距離パターンです。
一本が長い距離になるのでチームの作戦が重要になり、かなりの接戦になりました。
コーチ陣も各チームに入り、一緒に盛り上がりました。
最後にクールダウンもしっかり行い本日の内容は終了です。

次回は10月13日に開催予定になります。
秋本番になり動きやすい時期になりますが、夏の疲労が出たり、日中との寒暖差もある時期ですので体調を崩さない様に過ごし、また次回元気にお会いしましょう!

体験希望のお問い合わせは、下記にお願い致します。

Faxにて 新規入会のお申込み用紙に「体験希望」と記載して送って頂ければと思います。

担当;新美 までお問合せくださいね。

FAX(078-685-5502)

有難う御座いました!