アスレチッククラブ

アスレチッククラブ

アスレチッククラブ レポート

  • 2019.02.02
  • 第21回活動報告
日時2019年2月02日(土) 10:00〜11:45
場所スタジアム東側園地
  • IMG_0176
  • ESTC3941
  • HQRA7517
  • IMG_0182
  • VIBU0098
こんにちは。アスレチッククラブの日高です。
先週に引き続き、2月2日にアスレチッククラブを開催しました。
前回の寒さから一転、今回は春を思わせる天気で、子ども達も途中で半袖になるぐらいのポカポカ陽気の中での活動となりました。
久々に来てくれたメンバーも含めて25名でテーマである「持久力」の内容でスタートです。

まずはウォーミングアップで芝生広場を大きく一周走ってからのストレッチを行い、続いて今回の動きのポイントとなるジャンプと低い姿勢でくぐる動作の準備として、2人1組で行う簡単なゲームを行いました。
ただ単にその動きをするだけでなく、素早く反応しすぐに動くという事を意識するとその場で行うメニューでもかなり身体は温かくなります。
とても良い雰囲気で出来ていたと思います。

続いて、前回も実施したショートトラックでのリレーですが、今回は少し強度を上げてエンドレスリレーで行いました。
1チーム5人の対抗戦で、アンカーが戻って来たらまた1走にバトンパスをして2周目が始まるという文字通り終わりがないリレーです。
トレーニングの種類としては運動と休養を繰り返すインターバルトレーニングになります。
陸上競技のトレーニングとしては定番のトレーニングですが、子ども達向けに競争の要素も入るので楽しく行えるのも利点です。
これを1人5周の合計25周でレースで行いました。
1本目の結果を踏まえ戦力調整を行い、2本目を実施。ショートトラックのバックストレートでハードルを1列設置し3本目を実施。
ウォーミングアップで行った飛び越える動作を追加します。更にハードルを2列目を設置し、2連続ジャンプにしての4本目を実施。
子ども達はこのメニューでトラック20周分のダッシュを行った事になりますが、最後まで自分の順番の時は楽しみながらも手を抜かず本気で走っていました。
とても良く頑張ったと思います。

しかし少し疲れも見え始めていたので、最後は距離を短くし、シャトルラン形式でハードル飛び越え+潜り抜けのリレーを行いました。
ハードルを倒すと自分達で元に直してからでないと続行出来ないというルールを設定しましたので、しっかりとジャンプしハードルを飛び越える、しっかりと体勢を低くしハードルを潜り抜ける、という動きの正確さも必要になります。
ハードルの修正中の順位の変動が多く、大逆転劇ありのトラックのリレーとは違った緊迫感で行う事が出来ました。
ラストは1本だけコーチ陣が鬼となっての鬼ごっこを行い今回の内容は終了です。

今回、いずれのメニューも本数をこなす内容が多く、動きの量を多く増やしましたが皆んなしっかりとついてこれたと思います。
次回も同じ様な内容と更に発展した事もやりたいと思いますのでこの調子で頑張っていきましょう!

 

体験希望のお問い合わせは、下記にお願い致します。

Faxにて 新規入会のお申込み用紙に「体験希望」と記載して送って頂ければと思います。

担当;新美 までお問合せくださいね。

FAX(078-685-5502)

有難う御座いました!